『光の教室-照明デザイン講座』では、照明デザインに必要な知識を学ぶことができます。
特に、このような悩みや希望を持っている方にご受講頂きたいと考えています。


□ 照度レベルは基準にあわせてプランしたのに実際の空間が明るくない
□ CGパースで作った照明プランは良い雰囲気だったのに完成後「暗い」「見えづらい」と言われた
□ 何を手がかりにしてプランを始めたら良いのかわからない
□ 照明プランをお客様にどのように伝えればよいのかわからない
□ 人に寄り添った照明環境をプランしたい
□ 提案営業で実績を上げたい照明メーカーの営業職、あるいは企画職の方


照明デザインとはどのようなことを行うのでしょうか。

・おしゃれなデザインの照明器具をレイアウトすること?
・光を使って空間を素敵に演出すること?

確かに、最終的にはその空間に相応しい照明器具を選び、美しく心地よい雰囲気の空間になるように仕上げます。
しかし、そこに行きつくまでのプロセスでは、決して、照明器具のデザインや演出効果のことばかりを考えているのではないのです。


照明デザインとは、光を構築することによって空間の照明環境を創ることです。
その際に、見やすさ、快適さ、演出性、安全性を考慮して、その場の目的や使用条件に適した光の状態を創り上げてゆくのです。

この時に、

・光の性質、光のふるまい
・色彩がどのように表現されるのか
・人間の目がどのように光を感じ、物を見るのか
・ランプ(人工光源)の光の性質、特徴
・空間での光の状態を予測する方法
・空間の光の状態を構築する方法
・空間の光の状態を伝える方法

といった知識、考え方が必要になってきます。


光の教室-照明デザイン講座は、このような『光の本質を基にした照明デザイン』のために必要な知識を総合的に学習する講座です。


【カリキュラム】
講座は全12セクション(必修講義10回、オプション講義2回)です。

■必修講義

第1回 照明デザインとは何か/光とは/測光量と単位
照明デザインとはどのようなことをするのかをお話しします。
そして一番初めに学ぶのは、光について。
だって、光は照明デザインの唯一の素材なのですから。
素材の性質を理解せずにデザインすることはできませんよね。
光とは何か、その性質、どのような振る舞いをするのかといったことを学んでゆきます。

第2回 色彩
空間を照らす光の色合いや色彩の見え方によって、その場の雰囲気ががらりと変わってしまうことがあります。
特に店舗の照明デザインでは重要な要素になりますよね。
ここでは、色彩の仕組み、色温度、演色性について深く学びます。
さらに、近年ではLEDの開発が進んで「食品を美味しそうな色合いに見せる光」「女性の肌を美しく見せる光」など、特定の物の色の見え方に特化した製品が出てきています。
なぜそのような見せ方ができるのかという仕組みも知っておきましょう。

第3回 視覚と眼の機能
見ることは、目で光の情報を得るということ。
ここでは視覚のプロセスと目の機能・作用を学びます。
照明デザインの第一の目的は視環境を整えることです。
ですから、目の機能は十分に理解しておかなければなりませんよね。
目の機能や様々な現象、そしてそれらを照明デザインにどのように活かしてゆくかについてお話しします。
さらに、光と色が人間の心理にどのように影響をもたらすかということについても学びます。

第4回 ランプ(1)
LEDが普及する以前から使われてきた光源、白熱電球/ハロゲンランプ/蛍光ランプ/HIDランプについて学びます。
これらの光源の需要は少なくなってきていますが、今でも市場では使用されています。
照明デザイナーと称すればお客様からは「照明の専門家」と見られることになります。
お客様からどのような質問があっても答えることができるように、知識は広く持っておきましょう。
またデザイナーとしては、ランプによって異なるそれぞれの光のテクスチャ(質感)も記憶しておきたいものです。

第5回 ランプ(2)
LEDは現在、それからこれからの時代の照明に欠かせない光源です。
一般に言われている特長やメリットばかりでなく、既存の光源との相違点、問題点や今後の課題なども掘り下げて考察してゆきます。
また今後実用化される可能性のある光源、有機ELや半導体レーザーについても解説します。

第6回 照明計算
照明シミュレーションソフトが普及しているのに、なぜ照明計算を学ばなければならないのかと不思議に思われるかもしれません。
しかし照明計算を使いこなすことができれば、照明デザインをより的確に、よりスピーディーに行うことが出来るのです。
講義では、その活用方法を具体的に解説します。
また、この計算式を読み解くと空間の明るさを決定するのにどの様な要素が関わっているかがわかり、光のふるまいを理解することに役立つのですよ。

第7回 照明コンセプトの作り方
空間が存在する場所、周辺環境、場の目的、用途、使われ方、滞在あるいは使用する人、訪ねる人、ご依頼主のリクエストや好みなど、たくさんの条件や要素からその場の意義や意味を見出し、それを光でどのように表現するかの思考を重ねます。
このようにして紡ぎ出されるのが、照明コンセプトです。
講義では、何を手がかりに、どのように思考を展開してコンセプトを創り出してゆくか、ケーススタディをとおして学んでゆきます。

第8回 照明デザインプロセス(1)
空間を光で構築する方法を学びます。
まずは、空間の光の状態を構想することから。
このとき、光のどの要素をピックアップするのか、それらをどのように組み合わせてゆくのか、デザインプロセスに従い、順序を追って解説します。

第9回 照明デザインプロセス(2)
照明のレイアウトに関わることを学習します。
空間の用途、目的、人がどのように行動するかを考慮して、光の向きや広がりを決定します。
それをどのように判断するのか、ケーススタディを用いながら考え方を習得します。
また実際に手を動かして、図面を引きながらチェックする方法も体験していただきます。(シミュレーションソフトを使うよりも早くて確実な裏ワザです)

第10回 光を伝える技術
光は直接目で見ることはできません。
目で見ることができない、その状態を視覚的に捉えることができないものを、さもそこに存在しているかのごとく語ること。
そして、誰にでもご理解いただけるようにお伝えすること。
照明デザイナーには、光を伝えるスキルも必要です。
どのような言葉を使い、どのように表現すれば伝わるのでしょうか。
考えながら実践練習をしましょう。

■オプション講義
照明デザインの仕事に必要となる電気工学と電子工学(半導体)の選択講義です。

op.1 照明デザインのための電気工学
照明器具は電気製品。
ですから、デサインの仕事と言っても、電気の知識が多少は必要です。
特に近年、施設照明設計時に提出する照明器具リストに記載されている皮相電力。
皮相電力とは何でしょう?
消費電力とは何が違うのでしょうか?
この講義では、電気とは何か、電圧・電流・電力とは何のことかといった電気の基礎から、直流と交流の違い、力率、有効電力と皮相電力までをたった2時間で理解できるようにお話しいたします。

op.2 照明デザインのための電子工学
「LEDは光を発する半導体」という認識だと、多分、一般のお客様の認識と同じでしょう。
照明のプロとしてはもう少し深い知識を持っていないと心許ない、という方のために作った講座です。
ここでは、半導体とは何か、その仕組みと動作原理といった半導体の基礎から、LEDが発光するメカニズムまでをわかりやすく解説します。
また、有機ELの動作と発光の原理と光の特徴もレクチャーします。

【日程】
*毎週水曜日 19:00~21:00
 2018年 6月20日 第1回 照明デザインとは何か/光とは/測光量と単位
 2018年 6月27日 第2回 色彩
 2018年 7月 4日 第3回 視覚と眼の機能
 2018年 7月11日 op.1(選択) 照明デザインのための電気工学
 2018年 7月18日 第4回 ランプ(1)
 2018年 7月25日 op.2(選択) 照明デザインのための電子工学
 2018年 8月 1日 第5回 ランプ(2)
 2018年 8月22日 第6回 照明計算
 2018年 8月29日 第7回 照明コンセプトの作り方
 2018年 9月 5日 第8回 照明デザインプロセス(1)
 2018年 9月12日 第9回 照明デザインプロセス(2)
 2018年 9月19日 第10回 光を伝える技術

【定員】
 8名(先着順)

【受講料】
 174,960円(必修講義 全10回、税込)
 16,200円(オプション講義 各回、税込)
 *受講料には資料および教材費が含まれます。
 *分割払い(2回/3回/4回)も可能です。(詳細はお問合せ下さい)
 *1回目のお支払いは、お申込み後に事務局からお送りする「受講料お振込みのご案内」送信日より7営業日以内です




スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月20日(19:00~21:00)
毎週水曜日
開催場所東京都内
参加費174,960円(税込)
定員8人(先着順)
主催

イベント概要

2018年06月20日

光の教室-照明デザイン講座 2018年6月期講座

http://kokucheese.com/event/index/518767/

『光の教室-照明デザイン講座』では、照明デザインに必要な知識を学ぶことができます。 特に、このような悩みや希望を持っている方にご受講頂きたいと考えています。 □ 照度レベルは基準にあわせてプランしたの...

お申込みはこちら

スポンサード リンク