<内容>
実務にすぐ役立つ実践的多変量解析法
職場で扱うデータは単純なものではなく、複数の項目にわたるデータの場合が多いため、そのような場合の解析は多変量解析法を用いることになります。しかし、多変量解析法は理論の説明に行列を用いるため、数学が得意でないと使う気がしない難解な手法です。一方、研究室や企業においては、業務のスピード化と、技術の蓄積といった問題があり、近年では重要な課題として注目されています。この課題に対して有効な手法が多変量解析法です。

<対象>
新製品開発者、生産技術担当者、品質保証担当者、購買担当者など

<コースの特徴>
・書籍『実務にすぐ役立つ実践的多変量解析法』を使い、本に添付しているCD-R でExcel を使い、1人1台のパソコンで演習問題を解析します。
・固有技術の確立、固有技術の伝承や品質問題に悩んでいる人のためのセミナーです。
・当セミナーでは下記手法を習得できます。
層別単回帰分析/ 重回帰分析/ ロジスティック回帰分析/ 曲線回帰分析/ 数量化理論Ⅰ類/ 判別分析/ 主成分分析

<開催日程>
2018年7月19日(木)~20日(金)

<参加費>
63,720円(一般)/ 56,160円(会員)

▼内容の詳細はこちら↓
http://www.juse-osaka.com/guide/sma.html


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年07月19日(2018年7月19日(木)~20日(金))
開催場所新藤田ビル
(大阪府大阪市北区堂島2-4-27)
参加費63,720円(税込)
定員10人(先着順)
申し込み開始2018年05月07日 15時00分から
申し込み終了2018年07月18日 13時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年07月19日

2日でマスターする多変量解析法セミナー

大阪府大阪市北区堂島2-4-27

http://kokucheese.com/event/index/520052/

<内容> 実務にすぐ役立つ実践的多変量解析法 職場で扱うデータは単純なものではなく、複数の項目にわたるデータの場合が多いため、そのような場合の解析は多変量解析法を用いることになります。しかし、多変量解...

お申込みはこちら

スポンサード リンク