今年は、猿と紅葉と滝で有名な箕面での開催になります。
今年のテーマは「滝」・・・ではなく「チェンジ」です。
Jurgen Appelo氏の"How to Change the World"の日本語訳が今年発売されました。その序文には自分の所属するくだらない組織に対してどうすれば良いかの選択肢が3つ述べられています。「無視する」「仕事を辞める」そして「(チェンジマネジメントを学習して)変える」です。
今年のAgile Tour Osakaは、この「チェンジ」をテーマとして、自分や組織をどう変えていくのかについて皆さんと一緒に考えたいと思います。
皆さんとの議論を促進するために今年は少し変わった趣向を取り入れます。そのヒントはオーガナイザのてつ。さんの以下のブログを参照ください。

http://tmaegawa.hatenablog.com/entry/2012/03/27/091949

皆さんは、講演者の顔ぶれや講演概要(決まり次第、順次公開)も参照しながら、このイベントに参加して知りたいこと/現場に持ち帰りたいことを一つ以上考えてきてください。当日はできるだけそれらを取り込みながら運営していきたいと思います。

参加費は無料ですが、遠方からの講演者の交通費のための寄付を募集します。賛同していただける方は500円準備していただけると助かります。

・プログラム
10:30~11:10 あいさつ、Ignorance Backlog作成
11:10~11:55 牛尾さん講演
11:55~13:00 昼休み
13:00~13:45 藤原さん講演
13:45~14:00 休憩
14:00~14:45 長瀬さん講演
14:45~15:00 休憩
15:00~15:30 LT
15:30~16:25 ふりかえりセッション
16:25~16:40 クロージング

・講演者(50音順)

牛尾 剛氏
株式会社匠Business Place/合同会社シンプルアーキテクト所属。
アジャイル歴10年以上のアジャイルコンサルタント。多数のアジャイル導入/支援経験をほこる。
E-Agility 協議会幹事。アジャイル王子とかテロリストとか呼ばれており、記事や本を書くと炎上しやすい。

セッションタイトル:
「Agileの里、箕面にだけこっそり教える プロダクトオーナーの秘密 〜大抵の人が出来ない無から有を生み出すちょっとした技術〜」

セッション概要:
プロダクトオーナーの仕事で多くの人が困難に感じるポイントは、既存の情報を整理すると、ストーリや要求が出てくる訳ではなく、自ら考えて、新しい要求を自ら生み出すところだと思います。本講演では1を100にするテクニックではなく、0から1を生む技術を理解してもらいます。そして、その考え方を皆さんと一緒にリアルに体験してその経験を持ち帰ってもらう為のセッションです


長瀬 嘉秀氏
株式会社テクノロジックアート代表取締役会長。
2000年にXPを日本に紹介してから十数年、日本XPユーザグループを立ち上げ、 初代代表をつとめるなど日本におけるアジャイル開発の普及促進に貢献。多数のアジャイル開発関連書籍の翻訳および執筆に携わる。E-AGILITY協議会幹事。最近では、テクノロジックアートのベトナム法人を設立し、現地の若手人材の育成にも尽力している。

セッションタイトル:
アジア諸国でのアジャイル開発普及と人材教育

セッション概要:
欧米諸国では、アジャイル開発はメインストリームとして当たり前になりましたが、日本での普及は10%にもなりません。日本では、従来型にしがみつきアジャイル開発の普及が進みません。その裏では、日本のソフトウェア開発は、日本からアジアの新興国へシフトしだしています。
それでは、アジア諸国でのアジャイル開発の普及はどうなっているのでしょうか。とりわけ、中国、ベトナム、タイのアジャイル開発事情と人材教育の現場の話をいたします。


藤原 大
楽天株式会社 開発ユニット アジャイルグループ グループマネージャ。CIサーバを中心に開発を支援する環境整備を担当。アジャイル開発を自チームに導入し、最近では他チームでもアジャイルマインドセット支援を行い、価値への探求を継続的に行なっている。趣味は沖縄離島巡り。Blog: http://daipresents.com/ Twitter: @daipresents

セッションタイトル:
「地図を捨ててコンパスを頼りに進め!」

セッション概要:
よりソフトウェアを価値のあるものにするために。言うのは簡単ですが、そこにたどり着くまでの道のりは長く険しい。それは、なぜなのでしょうか?このセッションでは、従来の開発方法から離れられないマインドセットや、アジャイルプラクティスを習慣に変えるまで苦悩など、社内アジャイル開発支援活動から見えてきたアジャイル適用の壁を、事例を交えながら紹介させて頂きます。




*ライトニングトークスの発表者を5名募集します。発表を希望される方は、申し込み時にライトニングトークスを「発表する」と選択してください。

・後援 テクノロジックアート株式会社

Ultimate Agile Stories Iteration2頒布決定!
アジャイル同人誌「Ultimate Agile Stories」の今年の新刊であるIteration2を関西で初めて頒布します。執筆者のリストは以下を参照ください。頒布価格は2000円です。

http://ultimateagilestories.web.fc2.com/bookcontents2.html


スポンサード リンク

開催概要

日時 2012年11月03日(10:30〜16:40 受付開始:10:00)
開催場所箕面市文化・交流センター
(大阪府箕面市箕面 6-3-1)
参加費無料
定員100人(先着順)
主催

イベント概要

2012年11月03日

AgileTourOsaka2012 in Minoh 箕面の滝からこんにちは

大阪府箕面市箕面 6-3-1

http://kokucheese.com/event/index/55362/

今年は、猿と紅葉と滝で有名な箕面での開催になります。 今年のテーマは「滝」・・・ではなく「チェンジ」です。 Jurgen Appelo氏の"How to Change the World"の日本語訳が...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク