講師:有限会社ITプランニング 小笠原 啓様

概要:クラウドやマルチコア、メニーコアを利用する
大規模並列型のシステム開発を行なう上では、
プログラミング言語の選択も重要になってきます。
そんな中でここ数年注目を浴びているのが、
Haskell,Ocaml,Scala,F#などといった関数型言語です。
ですが、関数型言語は、並列処理等の複雑なアルゴリズムを
記述するだけの言語ではありません。
F#やScalaは、関数型言語とオブジェクト指向言語の良い点を活かしているため、
ビジネスアプリケーションの開発にも効果的な言語として評価されてきています。
また、既存の.NETやJavaの資産との親和性も考慮されているため、
今開発しているソフトウェアも有効利用することができます。

本セミナーでは、OCaml,Scalaを初め、数々の関数型言語の
実績を持つ、株式会社ITプランニングの小笠原氏をお招きし、
関数型言語のメリット、使いどころを紹介していただきます。

プログラム:
1. 関数型言語
- 関数型言語とは
- 様々な関数型言語
- 関数型言語の利欠点
2. Microsoft Visual F#について
- F#の概要と特長
- 対話環境(REPL)
- GUIプログラムの作成


スポンサード リンク

開催概要

日時 2010年12月22日(18:00-20:00(開場17:30))
開催場所株式会社豆蔵トレーニングルーム(新宿三井ビルディング34階)
(東京都新宿区西新宿二丁目1番1号)
参加費無料
定員50人(先着順)
申し込み開始2010年12月03日 00時00分から
申し込み終了2010年12月22日 00時00分まで
主催

イベント概要

2010年12月22日

関数型言語&形式手法セミナー(1):F#が開く新たな世界

東京都新宿区西新宿二丁目1番1号

http://kokucheese.com/event/index/6300/

講師:有限会社ITプランニング 小笠原 啓様 概要:クラウドやマルチコア、メニーコアを利用する 大規模並列型のシステム開発を行なう上では、 プログラミング言語の選択も重要になってきます。 そんな中でこ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク