はじめに

    2013年4月18日に第8回勉強会を開催します。

  SQuBOKユーザー会では、ソフトウェア品質に関わる勉強会を開催しております。

第8回勉強会のテーマは「失敗学あれこれ」と「バグ票について考えよう!」です。 本勉強会にはどなたでも無料でご参加いただけます。

※前回まで日科技連千駄ヶ谷本部で実施してきましたが、今回から東高円寺ビルでの開催になります。開催場所をお間違いないようご注意ください。

SQuBOKユーザー会について

以下のサイトからご確認ください。(ご一読ください)
SQuBOKユーザー会ポータル

第8回テーマ

テーマ1
  ・佐々木 一仁 様:失敗学あれこれ
私は「失敗からこそ学ぶべきことがある」と考えます。
ソフトウェア関連のセミナーやシンポジウムで聞く話は、成功事例ばかりのように思います。
むずかしく、リスクがあることに取り組んでいるであれば、失敗することもあるでしょう。
それなのに、どうして成功ばかりアピールされることが多いのでしょうか?

失敗してもいいじゃない。だって、人間だもの。
失敗をしっかり反省し失敗を繰り返さないことにより、個人や組織が成長することができるのです。
本トークでは、ソフトウェアの失敗に絞って失敗学のお話します。
何らかの気づきを持ち帰っていただければと思います。

テーマ2
  ・すずき しょうご 様:バグ票について考えよう!
バグ票を有効に利用できていますか?(いろいろな呼び方をされていますが、ここでは「バグ票」とします)
私たち、「バグ票ワーストプラクティス検討プロジェクト」は、バグ票がソフトウェア開発においてうまく使われていないことがあると考えています。そこで、ダメなバグ票の事例(=ワーストプラクティス)に着目しました。例えば、あるバグについて開発者とテスト担当者の間で応答が何度も繰り返されるような例がワーストプラクティスになります。このようなワーストプラクティスを収集し共有することで、ソフトウェア開発をよりよくできると考えています。
今回は、インターネットやいくつかのイベントで実施したアンケートより収集したワーストプラクティスを中心に、これまでの活動や今後の方針などをお話したいと思います。

タイムテーブル

時間 プログラム内容 発表者
18:30 受付開始 -
19:00 オープニング SQuBOKユーザー会世話人
19:05 参加者自己紹介 -
19:15 トーク1
失敗学あれこれ

佐々木 一仁 様
19:35 ディスカッション1 -
20:05 トーク2
バグ票コミュニティの活動報告

すずき しょうご 様
20:25 ディスカッション2 -
20:55 クロージング SQuBOKユーザー会世話人


対象者

・ソフトウェア品質に興味のある方どなたでもご参加できます。
・また、これを機会に「SQiPコミュニティ」、「SQuBOKユーザー会」への入会を検討して頂けると幸いです。

オンライン参加

・遠隔地等の方のために、internetを介して多地点接続することにより、onlineで の参加も受け付けます。
・音声・画像の中継はUstreamを使用し、ツイッターも併用します。
・Ustreamの番組名:Squbokug_study

ハッシュタグ

Twitterのハッシュタグは「#squbokug」です。

勉強会へのお問い合わせ

ページ左上のお問い合わせをクリックし、問い合わせページからお問い合わせください。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年04月18日(18:30~受付、19:00 開始 21:00 終了予定)
開催場所日本科学技術連盟 東高円寺ビル 3階A研修室
(東京都杉並区高円寺南1-2-1)
参加費無料
定員100人(先着順)
申し込み終了2013年04月18日 19時00分まで
主催

イベント概要

2013年04月18日

SQuBOKユーザー会 第8回勉強会

東京都杉並区高円寺南1-2-1

http://kokucheese.com/event/index/85079/

はじめに     2013年4月18日に第8回勉強会を開催します。   SQuBOKユーザー会では、ソフトウェア品質に関わる勉強会を開催しております。 第8回勉強会のテーマは「失敗学あれこれ」と「バグ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク