大阪の医療提供体制は全国的に見れば恵まれている方ですが、その割には十分な結果が得られていないと言わざるを得ません。例えば、がんで亡くなられる方の割合を調べると、大阪府は全国最下位あるいはそれに近い状態が続いており、ほかの多くの生活習慣病・感染症でも非常に悪い結果が報告されています。そのため、大阪府民の寿命は他府県と比べると極めて悪い結果となっています。また、大阪府民はどこに住んでいても病気になったら同じような医療を受ける権利があるはずですが、大阪には地域格差があり、様々な改革すべき課題を抱えています。さらには、小児(救急・子供のこころの問題)、高齢者、貧困層、外国人等の「医療弱者」「医療難民」問題とも呼べる新たな課題に地域全体で取り組むことが、強く社会全体から求められています。
一方で、政府は「日本再生戦略」4大プロジェクトの1つとして、「ライフ-世界最高水準の医療・福祉の実現」を掲げています。大阪には、創薬、医療機器を初めとして、治療、介護等の医療産業の強い基盤があり、国が進めようとしている戦略に足並みを揃える絶好のチャンスが訪れています。
このたび、このような地域医療をとりまく状況を憂慮する医療関係者有志が、「大阪の未来の医療をつくる会」を結成し、諸問題を解決すべく、大阪の医療提供体制の改革に立ち上がりました。
大阪の医療には古い時代のシステムが残っており、医療機関の連携の不足、全体としてのマネージメントの不十分さがあり、それがからみあって効率のよい運用がなされていない結果になっています。「大阪の未来の医療をつくる会」は、従来の枠組みを脇に置いて、あるべき姿から地域医療をとらえ直しました。そしてこのたび、中長期的な視野に立って、抜本的で効果的・総合的な具体策がまとまりました。当シンポジウムでは、その内容を皆様に紹介させていただき、多くの方々のご意見を聴取することにより、大阪のこれからの医療を一緒につくっていく機会にしたいと思っています。


14:00 開会挨拶 松浦成昭 大阪の未来の医療をつくる会 代表
14:05 基調講演 遠山正彌 大阪府立病院機構 理事長
「大阪の医療提供体制改革プランについて」
14:35 特別講演Ⅰ 澤 芳樹 大阪大学大学院医学系研究科 教授
「大阪の先端医療について」
15:00 特別講演Ⅱ 塩崎 均 近畿大学 学長 医学博士
「地域連携について」
15:40 パネルディスカッション
パネラー:遠山正彌、澤 芳樹、塩崎 均,コーディネーター:松浦成昭
テーマ :「大阪の医療提供体制改革プラン」について
16:45 来賓挨拶 松井一郎氏
16:55 閉会挨拶 更家悠介 NPO法人大阪を元気にする会 理事長
サラヤ株式会社 社長


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年06月20日(14時~17時(受付開始13時))
開催場所大阪商工会議所 国際会議ホール(7階)
(大阪府大阪市中央区本町橋2-8)
参加費無料
定員720人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2013年06月20日

「大阪の医療提供体制改革プラン」シンポジウム

大阪府大阪市中央区本町橋2-8

http://kokucheese.com/event/index/87940/

大阪の医療提供体制は全国的に見れば恵まれている方ですが、その割には十分な結果が得られていないと言わざるを得ません。例えば、がんで亡くなられる方の割合を調べると、大阪府は全国最下位あるいはそれに近い状態...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク