理数系教員授業力向上研修会(宮崎)統計的問題解決力の育成
イベント概要
お問い合わせ
キャンセル方法について
友達に教える
つぶやく
知識基盤社会を迎えて国際社会は世界共通の力・21世紀型スキルとして、データと統計に基づいて日常の身近な課題や地域の課題、グローバルな課題を科学的に探究し問題を解決する力を育成する教育行政を推進しています。新学習指導要領においても、算数・数学科の「数量関係」、「資料の活用」、「データの分析」、「確率分布と統計的推測」や情報科の「問題解決」単元などで、問題解決型の統計教育が扱われています。さらに、次期の学習指導要領でも、これらの科目に加え、理数科(新科目「理数探究」)、社会科(GIS)、情報科(データサイエンス)、国語科(図表を使った論理的説明)、英語科(統計資料)など多くの科目で統計的内容の拡充が謳われています。これらは、オープンデータ・ビッグデータ利活用と地域創成を担うこれからの人材育成とも密接に関わってくる内容です。
この研修会では、高大連携・大学入試等の一体的改革の動向を踏まえ、日本において産官学連携で進めるデータサイエンス・問題解決型統計の数学・情報・言語教育・総合学習のあり方を考えていきます。 統計教育にひろく関心をおもちの方々など,たくさんの方のご参加をお待ちしています。
開催概要
■日時
2017年02月18日((土)12時30分〜16時40分)

■開催場所
宮崎市民文化ホール(会議室)
(〒880-0930 宮崎市花山手東3丁目25-3)

■参加費
無料

■定員
50人(先着順)

■申し込み開始
2017年01月19日 05時00分から

■申し込み終了
2017年02月19日 00時00分まで

イベントは終了いたしました。

【イベントの状態】
イベント終了

【申込数】 (先着順)
33 / 50人

【お知らせ】
児童生徒が身近な現象や社会の課題を研究することを通して、課題学習や自由研究の取り組み方を学ぶ、中学生以上向け教材である学習ワークブック「生徒のための統計活用〜基礎編〜」を開発いたしました。
生徒のための統計活用〜基礎編〜(平成28年5月刊行)下記よりDLできます。
http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/stkankyo.htm

【お問い合わせ先】
理数系教員授業力向上研修会(宮崎)統計的問題解決力の育成事務局
お問い合わせはこちら


[0]イベントトップに戻る
[9]画面上へ
powered by こくちーず