第13回『仕事知』探求セミナーのご案内です。

会議での報告は、「結論を先に、理由は後に」とか、「説明は5W1Hで伝えるように」等、社内で大まかな流儀を決めている企業が多いようです。 報告・連絡・相談(いわゆる“ホウレンソウ”)も、社員に徹底しているケースが多くあります。 確かにこうした“基本モード“を社員が身につけていたり、報告形式のフォーマットがあることで、打ち合わせの効率は随分高まるでしょう。

とはいえこうした共通理解が、対話の創造性を高めたり、潜在レベルにある“大事な情報”の共有を促しているかと言えば、疑問が湧きます。 上司から「それで、結論は何なんだ」と急かされた結果、ぼんやりした不安を言い出せなかった。「背景説明はいいから、何をしてほしいかを言ってくれ」とプレッシャーを受けて、(重要性が後から見えてくるような)顧客の“非言語メッセージ”を、上司に共有出来なかった、など。こうした経験は、割と多くの人が持っているのではないでしょうか。

確かに限られた時間の中、次々と懸案をこなさなければならない環境で、“基本”モードが求められるのはやむを得ないことです。が、世の中が複雑になり、オペレーションが常に変化に晒される今の環境では、当事者の不安や懸念を引き出したり、表に出てきにくい顧客のメッセージを探求する意味が増していることも、忘れるべきではないでしょう。

となると、私たちは組織内に共有されるべき“基本モード”と並行して、場を創造的にできる様な、また“隠された重要情報”が共有されうるような場づくりや対話のスキルを育てておくことが必要になってきていると言えそうです。 今回のセミナーでは創造性を高めたり、その場での思考の自由度を高めていく様な聴き方に焦点をあて


通常対話モード:  聴き方A (基本モード)
自由対話モード:  聴き方B (創造的、潜在知にアクセスするモード)

の両刀使いへの道を模索したいと思います。 


皆様のご参加をお待ちします。



日時   5月17日(火) 19時15分~
場所   東京ハートカフェ (JR高田馬場駅より徒歩10分)
テーマ  “場を創造的にする話の聴き方”
参加費  1,000円(当日会場で集めます)

※ 「仕事知」探求セミナーの過去の実施回については、下記のブログの中でいくつか実施報告を載せております。 ご興味がありましたら、ブログ内テーマ“ライブ報告”をご覧になってください。 
→ ブログタイトル
 『越境コラボ塾 ~ チエでつながる, ワザでつながる、ココロでつながる、価値を生み出す』⇒検索


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年05月17日(2016年5月17日(火) 19時15分~21時)
開催場所東京ハートカフェ
(東京都新宿区西早稲田 2-18-22 東北餃子坊のあるビルの4階です。入口の階段を上がって)
参加費1,000円(税込)
定員10人(先着順)
申し込み開始2016年04月22日 12時00分から
申し込み終了2016年05月17日 12時59分まで
主催

イベント概要

2016年05月17日

第13回 『仕事知』探求セミナー

東京都新宿区西早稲田 2-18-22 東北餃子坊のあるビルの4階です。入口の階段を上がって

http://kokucheese.com/event/index/393238/

第13回『仕事知』探求セミナーのご案内です。 会議での報告は、「結論を先に、理由は後に」とか、「説明は5W1Hで伝えるように」等、社内で大まかな流儀を決めている企業が多いようです。 報告・連絡・相談(...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク