赤ちゃんが様々な動きを通して学び、ついには立ち上がっていく発達の過程において獲得したものは、その後も個人の動作のベースに生き続け、体の使い方・動作の質・癖・個性として表れています。
それらが、痛み・硬さ・パフォーマンス低下などの動作に関わる問題の大きな原因となっています。
この核となる動作を、最近マインドフルネスで注目されているボディワーク:フェルデンクライスメソッドで、リラックスして体験し洗練させていくことで、体の使い方をより巧みにし、競技能力の向上、痛みのない軽快な動作、赤ちゃんや子供の発達段階での学習力の向上に、そしてそれらの指導に役立てていきましょう。

赤ちゃんが発達の過程でどのように行動をより巧みなものとして獲得していったかを参考にして
練り上げられた動作と手順「ATM(動きを通しての気づき)・FI(機能的統合)レッスン」で体感しながら学んでいきたいと思います。それぞれの分野できっと多くのヒントが発見出来ることでしょう。
*2016年8月開講のティーチャーズトレーニングコース(FPTP)日本Ⅵの紹介も行います。
FPTPに興味のある方へのガイダンスも含みます。
*フェルデンクライス メソッド を初めて体験される方、経験の浅い方にも、楽しんで ご参加いただける内容です。

後援/日本フェルデンクライス協会


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年09月25日(13:30~18:30)
開催場所浦和パルコ10F、第8集会室 
(埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1)
参加費5,000円(税込)
定員15人(先着順)
申し込み終了2016年09月23日 18時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2016年09月25日

マインドフルネスなボディワーク、赤ちゃんの動作と巧みさの発達

埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1

http://kokucheese.com/event/index/425344/

赤ちゃんが様々な動きを通して学び、ついには立ち上がっていく発達の過程において獲得したものは、その後も個人の動作のベースに生き続け、体の使い方・動作の質・癖・個性として表れています。 それらが、痛み・硬...

申し込み受付は終了いたしました。

スポンサード リンク