《このような方へ》
ハーブ、野草、そして日本の和草のお手当を日常に取り入れたい方。
知識を身に付けたい方。


《受講のメリット》
世界のどこからでも受講できる。枇杷の葉、種の自然療法の知識が身につく


=============================
清里での講座は満席となりました。
こちらはオンライン講座での受付です。

9月17日の奈良クラスは若干お席ございます。
https://www.reservestock.jp/events/211194
=============================





記念すべき、初のオンライン講座となります。
オンラインでの受講の魅力は、
日本のみならず、世界各地、
どこからでも受講ができるということ。


一緒にこの流れを作ってくださる
貴重なスタートダッシュのお一人となってください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

枇杷は医者いらず

そんな言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

以前は、枇杷、梅、柿・・・・
各家庭の庭には様々な薬効の植物が植えられていました。

千葉県出身の私の家にも、
枇杷の木はありましたが、物心つく頃には切られていました。


その枇杷の葉ですが、
お茶はもちろん、温湿布、生葉湿布、種を食べたり、そして葉を焼酎つけにしてエキスにしたり・・・・。

様々な用途として利用することができます。


ぜひこの機会に、枇杷の使い方を学びましょう。




・・・・・・・・参加資格・・・・・・・・
・レジュメのプリントアウトが可能な方
・当日インターネットの接続が可能な方
・Z00Mでの受講が可能な方(※)
・オンライン講座では、枇杷の葉とアルコール(焼酎)はご自身でご購入ください。

こちらからの材料の発送は行っておりません。その旨ご了承ください。
当日に間に合わなくても構いませんが、
できればオンライン講座受講中に一緒に作業できるといいでしょう。






・・・・・・・・・・・ 内容 ・・・・・・・・・・・・・
・枇杷の葉、種の各種 利用法の説明
・足裏湿布の分かりやすいセルフチェック
・医者いらずと言われる由来
・枇杷の葉エキスつくり(実践)⇦材料は各自でご手配ください。
・枇杷茶つき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・ご用意いただくもの・・・・・・・・・・・・
・ネットに接続できる環境
・PCまたはスマートフォンor iPad等
・枇杷の葉を切ってもよいハサミ
・枇杷の葉 50g
・35度の焼酎(ホワイトリカーOK)
・広口の瓶、または容器 1000cc
・筆記用具
・作業できる机などのスペース
・エプロン(あれば)
・三角巾などのかぶりもの(あれば)




※開始時間の20分前に ZOOMに接続できるURLと、
レジュメのPDFをメールアドレスに送信します。
レジュメ印刷後、各自でZOOMに御入室ください。

ZOOMは、アカウントの作成などは一切不要です。
テスト通信をご希望の方は、遠慮なくお問いあわせください。




=============================
清里クラス(同日13:00〜)キャンセル待ちの方は、
このサイトよりお申し込みの際にキャンセル待ちをご選択ください。
=============================



講師 髙山晴代








私も大変ご縁の女神様 市杵島姫神の持つ琵琶。

市杵島姫命は弁財天に祀られる女神さまとしても有名です。

弁財天様は七福神の中でも唯一の女性。

水や芸能の神様でもあります。

その女神様が、びわを持っているということは、

びわの持つ神聖さを、音色としても、植物としても物語っているかのようです。



当日は、お時間さえあれば、枇杷の葉灸もご覧いただければと思います。


WARAJI DELI HARUYO.T










※ソフトバンクでのお申し込みは、
メールが届かない確率が非常に高い為、
他のアドレスでのご登録をおすすめいたします。


通常、お申し込み直後にメールをお送りしております。


お申し込み後にメールが届かない方は、
迷惑メールフォルダをご確認の上、
お手数ではございますが主催者までお問い合わせください。



いつもご覧いただき、ありがとうございます。




スポンサード リンク

開催概要

日時 2017年10月08日
少人数での開催です
開催場所世界中どこからでも
参加費5,500円(税込)
定員10人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2017年10月08日

【オンライン講座】 枇杷の葉エキス講座 どこからでも参加OK

http://kokucheese.com/event/index/487379/

《このような方へ》 ハーブ、野草、そして日本の和草のお手当を日常に取り入れたい方。 知識を身に付けたい方。 《受講のメリット》 世界のどこからでも受講できる。枇杷の葉、種の自然療法の知識が身につく =...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク