撤退と開拓のハンプクヨコトビProject Vol.1

行きつ戻りつ藻掻きつつ…道しるべを探り、生き抜くための朗読会。


2018年1月13日 土曜

Live at 喫茶モノコト ~空き地~(ちくさ正文館2階)

Open 14:00 Start 15:00
Charge 2000円+1Drink
※当事者料金は500円

ポエトリー/トーク/マルシェ

出演:月乃光司/成宮アイコ(青山祐己 piano)
   こわれ者の祭典 公式サイト http://koware.moo.jp/wp/

月乃光司(つきの こうじ)
1965年生まれ。会社員、作家、詩人。元廃人サバイバーマン。自伝的小説『窓の外は青』(新潟日報事業社)を平成13年に出版(新潟市民文学奨励賞・新潟出版文化賞受賞)。
新潟日報に「心晴れたり曇ったり」を5年間連載。BSN新潟放送「ハートセラピー」司会を務める。パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」発起人・代表。
公式サイト http://sky.geocities.jp/tukino42/

成宮アイコ(なるみや あいこ)
生きづらさと人間賛歌をテーマにした朗読詩人。
パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」メンバー・朗読と音楽とライブペイントを合わせた「カウンター達の朗読会」主催。
メンタルヘルス当事者として、赤い紙に生きづらさをテーマにした詩や短歌を読み捨てていく絶叫朗読のライブ活動をしている。フジテレビ「スーパーニュース」日本テレビ「Dの嵐!」NHK「福祉ネットワーク」や「朝日新聞・全国版」で紹介され、新潟と東京を拠点に、神奈川・千葉・秋田・長野・富山・京都・大阪など全国で興行。大ホールでの真面目なフォーラムから、地下のライブハウスまで何でも出演。近年はサブカル系トークライブや音楽系ライブに出演することも多い。生きるためのアジテーションを目指して本当のことばかり言っていたら、YoutubeやAmebaからたびたびコンテンツを消されるため、絶対に黙らないでいようと心に決めている。
新著『あなたとわたしのドキュメンタリー』(書肆侃侃房) 公式サイト http://aico-narumiya.info/


主催:撤退と開拓のハンプクヨコトビProject
協力:市民の会 エスポワール/ナゴヤ駅西 サンサロ*サロン/特定非営利活動法人 オレンジの会

[会場アクセス]JR・地下鉄「千種駅」4番出口より東へ徒歩2分. 地下鉄「今池駅」12番出口より西へ徒歩4分.【住 所】愛知県名古屋市千種区内山3-28-1 喫茶モノコト ~空き地~(ちくさ正文館2階)
[チケットのご予約、お問い合わせ先]フォルティ 090-5605-1253 サンサロ*サロン 080-3069-1608


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年01月13日((土曜)Open 14:00 Start 15:00)
開催場所喫茶モノコト ~空き地~(ちくさ正文館2階)
(愛知県名古屋市千種区内山3-28-1)
参加費2,000円(税込)
定員100人(先着順)
申し込み開始2017年09月29日 10時00分から
申し込み終了2018年01月13日 14時00分まで
主催

イベント概要

2018年01月13日

撤退と開拓のハンプクヨコトビProject Vol.1

愛知県名古屋市千種区内山3-28-1

http://kokucheese.com/event/index/489509/

撤退と開拓のハンプクヨコトビProject Vol.1 行きつ戻りつ藻掻きつつ…道しるべを探り、生き抜くための朗読会。 2018年1月13日 土曜 Live at 喫茶モノコト ~空き地~(ちくさ正文...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク