神奈川LD協会 冬のセミナー2018

メインテーマ
咲かせたい笑顔 支えたいキミの気持ち
-発達障害のある子どもたちと特別支援教育・保育-

【ごあいさつ】
LD(学習障害)、ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉スペクトラム症)などの発達障害のある子どもたちの理解と支援をはじめ、教育・保育現場で課題となるトピックについて学びます。

この冬は、「咲かせたい笑顔 支えたいキミの気持ち」をメインテーマに、子どもたちと真剣にかかわり合うこと、子どもたち同士で取り組む学び合いなどについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。そして、新学年・新年度に向けて、ワクワクする楽しさのきっかけづくりと、アッ!と驚くしかけづくりの一歩になることを願っています。

神奈川LD協会の研修会は、これまでも、そしてこれからも、“楽しくなければ、学べない。楽しくなければ、育たない。” にこだわった、じっくりと学ぶ研修プログラムです。この冬も、北は北海道、南は小笠原・九州・沖縄・八重山諸島など国内はもとより、海外の日本人学校や現地補習校など多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

【タイトルやメッセージなどは、収録時点(2012年8月)のものとなります】

【プログラム】
1月20日(土) 佐々木正美先生から学ぶビデオセミナー① / 研修室121-123(12階)

子どもの発達課題 -エリクソンのライフサイクルモデルから学ぶ-

10:00-12:45 午前の部 胎児期から乳幼児期、児童期のはなし
13:45-16:30 午後の部 思春期・青年期以降のはなし・エピローグ
※終了は16:00前後になる予定です。

 人間が発達していくプロセスには、順序性が必ずあるということを佐々木先生のやさしい語り口で丁寧に解説されています。例えば、首がすわらない赤ちゃんに対して、さまざまな療育・訓練をしたとしても寝返りをうつことはできないこと、首がすわること自体、それは寝返りをうつための準備であり、次の発達へのトリガー(引き金)になっていることなど、世界的な名著でもある「幼児期と社会」の著書・精神分析学者のエリクソンのライフサイクルモデルから学ぶ内容です。

 乳児期のうちに基本的信頼がしっかりと育っている赤ちゃんは、対人関係が次第に広がっていくこと、人を信じることと、自分を信じること、これは表裏一体であることなど、エリクソンのライフサイクル・モデルについて佐々木先生ご自身の体験を重ね合わせた必見の内容です。
 
※子どものこころシリーズⅡ 第3巻の上映です。資料の配布はありませんが、講演録を書籍化した本の販売を当日行います。

※申込方法等の詳細については、当協会HPをご覧下さい。
http://www.246.ne.jp/~kanald/


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年01月20日(10:00-16:30)
開催場所ウィリング横浜
(横浜市港南区上大岡西1-6-1)
参加費4,000円(税込)
定員100人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年01月20日

子どもの発達課題 -エリクソンから学ぶ-

横浜市港南区上大岡西1-6-1

http://kokucheese.com/event/index/494484/

神奈川LD協会 冬のセミナー2018 メインテーマ 咲かせたい笑顔 支えたいキミの気持ち -発達障害のある子どもたちと特別支援教育・保育- 【ごあいさつ】 LD(学習障害)、ADHD(注意欠如・多動性...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク