美し国「なでしこオピニオンの会」佐波優子講演会
『この国を取り巻く身近な国難に私達はどう向き合うか』

この講演では、現在日本を覆う国難の中から3つの観点を取り上げます。
「原発セキュリティ」「サイバー攻撃対策」「人との縁が薄れる帰結」の点から、
日本社会が抱える様々な問題点について話します。

●原発セキュリティの弱さ
日本の原子力発電所が攻撃にあったらどうなるでしょうか?
テロ、特殊部隊の攻撃、サイバー攻撃に日本はどこまで対策できるのか、現状をお伝えします。

●サイバーセキュリティ対策の脆弱性
最近では仮想通貨の流出などが大きく報じられましたが、
日本でも多くのサイバー環境における危機が存在します。
私達はどのように対策すればいいのでしょうか?

●足元から崩壊してゆく国力の脆さとは?
これからの日本は正に「無縁社会」に突入していきます。
空き家は増加し、無縁遺骨は増え、所有者不明の土地は、
合わせると九州より大きな面積になります。
こうした現状と今の日本の対処策をお話します。

この様な私たちの生活に潜む重要な問題を、
皆様と共に考えたいと思います。
どうぞお誘いあわせておこし下さい。

【講師プロフィール】
◎佐波優子 さなみゆうこ 戦後問題ジャーナリスト
1979年生まれ。桐朋芸術短期大学卒業。
戦後問題ジャーナリスト、キャスター。陸上自衛隊予備自衛官。
2001年から厚生労働省主催の遺骨収集に参加。ミャンマー、フィリピンなど11か所の戦跡を回り、全国各地の講演会で現場での体験を語っている。「祖父たちの戦争体験をお聞きする孫の会」「シベリア抑留の真実を学ぶ会」代表。「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」第一部奉祝まつりや三島由紀夫追悼式典「憂国忌」など司会も多数務める。2010年、アパグループ主催「真の近現代史観懸賞論文」において「大東亜戦争を戦った全ての日本軍将兵の方々に感謝を~9年間の遺骨収集を通じて感じたもの」が最優秀藤誠志賞を受賞。日本文化チャンネル桜ではキャスターを務め尖閣諸島、辺野古、原子力発電所などの現地取材を担当している。専門分野は安全保障、憲法、基地問題など。雑誌「正論」や各新聞での執筆、文藝春秋での対談、各種討論会や講演会に出演している。
雑誌「言志」(チャンネル桜出版)で「国護る女たち」連載中。やまと新聞Web版では「世界史から紐解く日本」「佐波優子・私のライフスタイル」を連載中。
2015年に慶応義塾大学に合格、現在2年生に在籍中。
著書に「女子と愛国」(2013、祥伝社)。



日時:3月12日(月)18:30~20:30  

会場:神楽坂セミナールーム
   東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル5階
   (東西線「神楽坂駅」A1出口より徒歩1分)

参加費:【事前振込】  一般 3,000円
美し国会員 2.000円

【当日】一般/4,000円 美し国会員/3,000円

お申込み:美し国事務局 電話 03-5227-1778
      

★懇親会:講演会終了後、希望者で懇親会を行います。(限定20名/要予約)
     会費別途6,000円

*お振込みのない場合は、当日価格扱いとなりますのでご注意下さい。
*お振込み後のご返金はいたしかねますので、ご了承下さい


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年03月12日(18:30~20:30)
開催場所神楽坂セミナールーム
(東京都新宿区神楽坂6-42  神楽坂喜多川ビル5階  )
参加費3,000円(税込)
定員50人(先着順)
懇親会 20:45~22:45
懇親会費6,000円(税込)
懇親会定員20人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年03月12日

美し国「なでしこオピニオンの会」佐波優子講演会

東京都新宿区神楽坂6-42  神楽坂喜多川ビル5階  

http://kokucheese.com/event/index/503607/

美し国「なでしこオピニオンの会」佐波優子講演会 『この国を取り巻く身近な国難に私達はどう向き合うか』 この講演では、現在日本を覆う国難の中から3つの観点を取り上げます。 「原発セキュリティ」「サイバー...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク