1.AZAREAで高速バッチを高速開発!
  株式会社CACクロア
  高木 毅 様

当社が提供する症例データ分析サービスは、約800万件のデータから1億通りの組み合わせを求め、それらをさらに10数通りに分類し、統計分析を行うという煩雑なもので、1回の処理に数日間かかってしまうのが課題でした。
そこでCAC社のAZAREA_Clusterを利用したところ、処理時間がおよそ10分の1に短縮。
約250機能のバッチ処理の開発が半年程度で済むなど生産性の面でも高い効果を得られました。

2.「BeacappHere」導入企業から学ぶ 働き方改革に向けた実態データの把握とは
  株式会社ジェナ Beaconプロダクトマネージャー
  岡村 正太 様

ビーコンとスマートフォンで屋内での所在地を把握するクラウドサービス「BeacappHere」を昨年12月にリリースし、早くも10社以上の導入実績が出ております。生産性向上の取り組みや、実態の把握としてのデータ収集およびレポートなど、導入企業における活用シーンを具体的にご紹介します。

3.JUASラボ「どこまで使える!?超高速開発Liveモデリング」報告

3月14日にJUASラボで実施するイベントに登壇した企業による、当日の参加報告を行います。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年03月22日(18:30~20:30)
18:00受付開始
開催場所神田エッサム1号館301
(東京都千代田区神田鍛冶町3丁目2−2)
参加費2,000円(税込)
定員100人(先着順)
申し込み開始2018年02月19日 00時00分から
申し込み終了2018年03月22日 15時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年03月22日

超高速開発コミュニティ 第29回セミナー

東京都千代田区神田鍛冶町3丁目2−2

http://kokucheese.com/event/index/508393/

1.AZAREAで高速バッチを高速開発!   株式会社CACクロア   高木 毅 様 当社が提供する症例データ分析サービスは、約800万件のデータから1億通りの組み合わせを求め、それらをさらに10数通...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク