第14回日本疲労学会・学術集会 公開市民講座
筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)

このたび,第14回日本疲労学会・学術集会では筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome, ME/CFS)をテーマに公開市民講座を下記のとおり開催致します。
ME/CFSは、生活が著しく損なわれるほどの激しい全身倦怠感、睡眠障害、労作後の症状の増悪、思考力・集中力の低下、起立性調節障害、全身の疼痛などの臨床症状が6か月以上の長期にわたって続くため、日常生活や社会生活に重大な支障をきたす疾患です。
2015年、全米アカデミー組織の1つである医学研究所は、「ME/CFSは罹患した患者の健康や活動に深刻な制限をもたらす全身性の疾患であり、重篤な場合には患者の生活そのものを破壊する深刻な病態である」と発表しており,米国では国立衛生研究所が中心となって病因・病態の解明に向けた臨床研究が始められています。日本においても、ME/CFS患者には脳神経系の炎症が存在していることが世界で初めて見出され、病因・病態の解明に向けた臨床研究が進められています。
そこで、日本疲労学会とCFS支援ネットワーク(支援団体)では,市民の皆様との情報交流の機会として,今回の公開市民講座を企画致しました。
                    
日時:平成30年5月20日(日) 午前10時~午後1時
会場:九州大学馬出キャンパス コラボステーション(福岡県福岡市東区馬出3-1-1)
共催:日本疲労学会,CFS支援ネットワーク  
対象:一般向け(参加無料:先着200名,空席がある場合は当日受付も可)

プログラム
10:00 ご挨拶 
10:05 ME/CFS -最近の知見-  
         倉恒弘彦(関西福祉科学大学,大阪市立大学)

10:30 ME/CFS治療の概説及びヨーガ療法の実践 
         岡 孝和(国際医療福祉大学),脇田久子(日本ヨーガ療法学会)

11:10 医療ソーシャルワーカーの役割について   
         室岡明美(九州大学病院)
11:35 休憩

11:45 看護師に求められるME/CFS患者への視座  
         松下由美子(大阪府立大学)

12:05 患者の体験発表   友谷友紀子 
                   
12:25 ME/CFSに対する自治体の取り組み状況と支援の広がり
         赤垣敏子(CFS支援ネットワーク)

12:45 質疑応答


【注意事項】
*下記行為は禁止します。
 ・政治活動
 ・宗教活動
 ・ネットワークビジネスや健康食品・健康法への勧誘
 ・特定の団体・個人・健康法を誹謗中傷・否定する行為
*当日は報道関係者が会場に同席する可能性があることをご了承ください。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年05月20日
開催場所九州大学 馬出キャンパス コラボステーションⅠ 2階 視聴覚室
(福岡県福岡市東区馬出3-1-1)
参加費無料
定員200人(先着順)
申し込み開始2018年04月11日 09時00分から
申し込み終了2018年05月20日 09時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2018年05月20日

公開市民講座 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)

福岡県福岡市東区馬出3-1-1

http://kokucheese.com/event/index/516180/

第14回日本疲労学会・学術集会 公開市民講座 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS) このたび,第14回日本疲労学会・学術集会では筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(Myalgic encepha...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク