テーマ「コーチングとナラティヴ」

なぜコーチングが有効なのか、それを知るヒントとしてナラティヴ(語り)の変化に注目し、コーチングとナラティヴの深い関係を探ります。今回の研究会では、二人の発表者がそれぞれ「ナラティヴ」をキーワードにしつつも、コーチング・セッション内でおきた変化(共時的)と、長期にわたってコーチングが機能していった結果起きた変化(通時的)いう点で異なる視点から考えます。

【講師】
 饒平名尚子(フェリス女学院大学)
 江藤真規(東京大学大学院)


【会場世話人】
 連絡先 明治大学 阪井和男


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月25日(18:00開場 18:30開始 20:30終了予定)
開催場所明治大学グローバルフロント 7階 C4会議室
(東京都千代田区神田駿河台1丁目1)
参加費無料
定員25人(先着順)
主催

イベント概要

2018年06月25日

アカデミック・コーチング学会 2018年度 第2回研究会

東京都千代田区神田駿河台1丁目1

http://kokucheese.com/event/index/516246/

テーマ「コーチングとナラティヴ」 なぜコーチングが有効なのか、それを知るヒントとしてナラティヴ(語り)の変化に注目し、コーチングとナラティヴの深い関係を探ります。今回の研究会では、二人の発表者がそれぞ...

お申込みはこちら

スポンサード リンク