見た目からはわかりにくい、発達障がい。本人にそのつもりはなくても、「努力が足りない」と思われていたり、「親のしつけがなっていない」など、誤った見方や判断をされることも少なくありません。

書籍「わが子と心が通うとき」絵本「ひび割れ壺と少年」の著者・松本純さんは、実際に発達障がいのお子さんの子育てに悩んだ経験をお持ちです。松本さんをお迎えして、発達障がいの家族との向き合い方や効果的な接し方について、トークセッション形式で考えます。
発達障がいやグレーゾーンのお子さんとのコミュニケーションに関心のある方を歓迎します。
少人数でアットホームな雰囲気の中、これまでとは違う新しい気づきのヒントを、みなさんと一緒に楽しく、ゆるやかに探してみたいと思います。

■ゲスト:松本純さん
■日時;2018年6月23日(土)10:00-12:00
■会場:nokutica(ノクチカ) 神奈川県川崎市高津区下作延1‐1‐7
東急田園都市線 溝の口駅、JR南武線 武蔵溝の口駅から徒歩2分
■定員:15名
■参加費:2000円(お一人) ※当日会場でお支払いください。託児はありません。
■主催:びーんずネット
■後援:川崎の親子を考える会


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年06月23日
開催場所nokutica(ノクチカ)
(神奈川県川崎市高津区下作延1‐1‐7)
参加費2,000円(税込)
定員15人(先着順)
主催

イベント概要

2018年06月23日

発達障がいの子どもとのコミュニケーション

神奈川県川崎市高津区下作延1‐1‐7

http://kokucheese.com/event/index/521075/

見た目からはわかりにくい、発達障がい。本人にそのつもりはなくても、「努力が足りない」と思われていたり、「親のしつけがなっていない」など、誤った見方や判断をされることも少なくありません。 書籍「わが子と...

お申込みはこちら

スポンサード リンク