抱っこの仕方は産院では教えてくれなかったと泣きそうな顔で 仰ったママがいました。

お母さんは赤ちゃんを産んだら、すぐ「お母さん」になれるかというとそれはなかなか難しいことです。

この最初の抱っこが上手く出来ると、その後の赤ちゃんとの関わり方にも自信が持てるようになります。

赤ちゃんの発達を妨げない、身体の在り方に沿った抱っこの仕方、
抱っこ紐の選び方、またお母さん自身の身体にも無理のない方法をお伝えします。
そして、体験もしていただきます。
また、赤ちゃんが手足をのびのびと動かし、成長していけるようなアプローチについてもこれまでの経験からシェアしたいと思います。

赤ちゃんやお母さん達をサポートする中で 是非、伝えていただきたいことをお伝えしたいと思います。

【内容(予定)】
◎赤ちゃんのからだや発達の面から赤ちゃんとの理想的な関わり方を知る。
◎赤ちゃんとお母さんにとって、心地よく身体にも負担をかけない抱っこの仕方を知る。
◎代表的なベルト型抱っこひもについて、装着のポイントなど 。
◎スリング、兵児帯などの使い方、体験

※今までご参加いただいた方:助産師、看護師、保育士、ドゥーラ、小児歯科医、子育て支援センター職員 など

【日時】
7月13日(金)

10:00〜 座学
13:00〜 お昼休憩
14:00〜 実技
(ベルト型抱っこ紐の装着方法、スリングや兵児帯の使い方、体験)
※終了時間が延びることもあります

【会 場】 高知市文化プラザ(かるぽーと)9F 第3和室
      高知市九反田2-1
      http://www.bunkaplaza.or.jp/index.html

 
【参加費】10000円

・お昼ご飯をご用意いたします。

・赤ちゃん人形、スリング、兵児帯をお持ちの方はご持参ください。
無い方はサンプルをご用意しますので、お知らせください。
・お子様連れの受講は、12ヶ月までの赤ちゃんのみとさせていただきます。

【講師】加田洋子
セラピスト、NPO法人抱っことおんぶの研究所認定ベビーウェアリングコンシェルジュ、ARTQ認定妊産婦ケアマスター、ミッシェル・オダン氏の Doula Course修了、和の頭蓋仙骨療法セミナー講師。
鎌倉由比ヶ浜のサロンで和の頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)を中心にセッションを行っている。
特に産前産後の方のケア、赤ちゃんや小さいお子さんのマイナートラブルのケアを積極的に行っている。

※支援者向け講座開催実績
国際ボンディング協会会員向けセミナー
山形県母子衛生学会学術集会にて講演
山形県母子保健指導者研修会にて講演
中野助産師会主催 支援者向け講座
横浜Umiのいえにて「支援者向けふんわりすくすく赤ちゃん講座」定期開催

http://mar-kamakura.jimdo.com/
https://www.facebook.com/mar.cranio.lymph


◇申込み、お問合せ:
 ベビーウェアリング四国
ベビーウェアリングコンシェルジュ 
 090-4267-5198 (松原)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2018年07月13日
開催場所高知市文化プラザ(かるぽーと)9F 第3和室
(高知県高知市九反田2-1)
参加費10,000円(税込)
定員10人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2018年07月13日

子育て支援者向け ふんわりすくすく赤ちゃん講座

高知県高知市九反田2-1

http://kokucheese.com/event/index/522722/

抱っこの仕方は産院では教えてくれなかったと泣きそうな顔で 仰ったママがいました。 お母さんは赤ちゃんを産んだら、すぐ「お母さん」になれるかというとそれはなかなか難しいことです。 この最初の抱っこが上手...

お申込みはこちら

スポンサード リンク