子どもたちが、瀬戸内海の海辺の生き物とのふれあいを通して、海への関心や海を大切にする心を育む自然体験活動です。さらに、人々が海に汚れたものを流さないよう警鐘を鳴らし、きれいな瀬戸内海を守るための自覚や行動ができる力を育みます。

<行事詳細>
♦日 時:2018年7月14日(土)10:30-17:00/7月15日(日)9:45-16:45(2日間通い)
♦場 所:東広島市安芸津町「東広島市立木谷小学校周辺」及び「東広島市安芸津町生涯学習センター周辺」
♦対 象:小学校4年生〜中学3年生
♦定 員:30名(抽選)
♦参加費:広島ホームテレビから送迎バス利用の方 5,000円
     東広島市役所〜送迎バス利用の方    4,000円
     現地集合の方             2,000円
♦申込み:参加希望者は、本WEBページ末尾の申し込みボタンを押し、申し込みフォームか
     ら6月24日(日)までにお申込みください。
♦抽 選:6月25日(月)に抽選結果をお知らせします。また、当選者には後日詳しい参加
     要項をお送りさせていただきます。
◆内 容:1日目 海辺の自然観察
         ◇山に棲むアカテガニを探せ!
         ◇明日のおかずゲット大作戦
         ◇絶滅危惧種ハクセンシオマネキを観察しよう!    など

      2日目 魚介類調理体験と海を守る活動
         ◇魚や貝を料理して食べよう!
         ◇海を守る行動をしよう!
         ・雨水溝はどこへ続く?
         ・「この先、海です。」キャンペーン
◆講 師:古本敦子(木谷はっけん野あそび主宰)
     今宮則子(NPO法人海の自然史研究所)


スポンサード リンク

開催概要

参加費無料
定員30人(抽選)
申し込み開始2018年06月01日 00時01分から
申し込み終了2018年06月24日 23時59分まで
主催

お申込みはこちら

スポンサード リンク